活動報告

第2回学生コンペ『素材を感じる空間設計コンテスト』を開催します
2009.07.16
若い芽育成プロジェクト
昨年度に引き続き
学校法人中央工学校OSAKA様と共に
学生コンペを開催致します。

本年度のテーマは、


『「素材」を感じる空間設計コンテスト』

日本人の誇るべきものは、
木を始めとする素材への鋭い感覚である。
素材への感覚は、日常生活で身につき、形をなっていくものであるはずだ。
この誇るべき素材への鋭い感覚を呼び覚ます?
我々は、素材感への無意識の欲求みたす場を欲しているのではないか?



木を始めとする様々な素材を感じる空間を摸索し、
本人が忘れてしまっている素材への感性を呼び覚ます
というものです。

?素材を感じる学生ワンルームマンション部門
?素材を感じる仮設ブース部門
の2つの部門としました。

?は、学生の皆さんが住みたいと思う空間を木ともう一つ素材を自身で選らんで
空間づくりを行って頂きました。
建築やデザインを学ぶ学生こそもっと素材に触れ、素材感を肌で身につける必要があるのではないか
という疑問からのテーマです。

?は、大阪城公園に木と1つ以上の素材を選び、
多くの方に素材に触れて頂けるような場を仮設的に設けるモノで、
近年の環境への意識の高まりも考慮し、
その後の使い方の提案も求めました。

さて、どのような作品がでてくるのかとても楽しみです。



□□□

『素材を感じる空間設計コンテスト』

主催
NPO法人住宅再生推進機構
学校法人中央工学校OSAKA