活動報告

木曽檜遮音フローリング商品・木曽檜間仕切商品開発
2008.03.12
日本の森林再生プロジェクト
木曽檜遮音フローリング商品遮音試験の様子木曽檜間仕切商品
林野庁 住宅分野への地域材供給事業
『木曽檜遮音フローリング商品・木曽檜間仕切商品開発』
を行いました。

疲弊している日本の森林資源を守るために都市部で木材を消費して、山を救う必要があります。都市での木材消費の一つの手段として、木を切り無垢材に再生することによって、都市住民が山の木を使うことになります。マンションの内装に木を使うことで、住まい手に対する癒しの効果や豊かな空間演出を表現できると同時に、木材の利用が森林の保護や地球環境の改善にもつながると考えています。しかし、マンションで無垢材を用いる為には、遮音性能を確保しなければなりません。これが開発のきっかけです。

『木曽檜遮音フローリング商品・木曽檜間仕切商品開発』
の実施概要はこちら
【実施概要】